きぶなの一言ブログ

栃木県宇都宮市を中心に活動しているパソコン要約筆記きぶなからのお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

講演会

だいぶ時間が経ってしまいましたが…。
11月9日に、栃木県中途失聴・難聴者協会主催の講演会が開催されました。
1つ前の記事に書いたように、きぶなから何人かがスタッフとして協力させていただきましたので、講演会の内容をご報告させていただきます。

いろいろな情報保障があることを多くの方に知っていただくため、今回は、聴覚障害者の「話のすべてを知る権利」を守るために活動をされている全国文字通訳研究会の方にご講演いただきました。

講演は2つ。
1つめは、全国文字通訳研究会の理事長である長谷川様に
「全国文字通訳研究会の活動について」
~私たちが求める文字による情報保障とは~
と題して、当事者の立場から、お住まいになられている地域の具体的な現状の数値などを挙げて、わかりやすくご講演いただきました。

2つめは、会の研究委員会に所属されている大場様に
「パソコンによる情報保障について」
~大幅な要約入力と全文に近い文字通訳の直接比較から見えてきたもの~
と題して、2つの入力方式の比較実験の内容を示しながら、それぞれの方式で入力した表示内容を見た人々からのアンケート結果を通して、そこから見えてくる事柄を説明していただきました。

当日は、聴覚に障害がある方、要約筆記者、またそれらの関係者など、多様な方々に参加していただきました。
私たち要約筆記者にとっても、聴覚障害の方が求める情報保障とは?ということについて、改めて考える良い機会となったと思います。

(準備風景)
DSC01002 (640x480)

(講演時の様子)
1416838549687.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。