きぶなの一言ブログ

栃木県宇都宮市を中心に活動しているパソコン要約筆記きぶなからのお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第7回社会貢献活動支援助成団体

6月22日(土) 

栃木県経済同友会様の「第7回社会貢献活動支援助成」について、第1次審査通過団体のプレゼンテーションと授賞式があり、きぶなから7名が参加しました。

支援助成を申請してから、第1次審査への提出書類・第1次審査通過後のプレゼンテーション資料作成・きぶな紹介(模造紙)作成の期間が短かったため、PPT資料作成担当・模造紙担当等々、それぞれみんなが力をあわせて作成しました。
今回、助成認定を受けることが出来たのは、メンバーひとりひとりの力とチームワークのおかげです。きぶなの皆さま、忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。

~経済同友会の皆さま~
このたびは助成認定をいただき、きぶなを代表いたしまして、心より感謝申し上げます。
大切にプロジェクターを使用させていただきます。本当にありがとうございました。

1371975035057 - コピー きぶな紹介 - コピー
     (後日、事務局からのアップがありますので、お楽しみに♪)

スポンサーサイト

PageTop

夜きぶな

6月18日(火) ~夜きぶな~

今月は現場等が立て込んでいることもあり、昨日の夜きぶなには、こんなにたくさんメンバーが参加してくれました(^^)
現在大阪在住のメンバーから、先日きぶなへお土産を預かったので、昨夜みんなで美味しくいただきました。(昼のメンバー、ごめんなさい。お先にいただきました♪)
I さん、ご馳走様でした~(^^)/

たこパティエ   ご馳走様

PageTop

模擬現場実習

6月8日(土)に実施した模擬現場実習について、学習班から報告させていただきます。


模擬現場実習というのは、まだ現場を経験していない、若しくは現場経験が1~2回とまだ少ないメンバーを対象に、現場のような状況を作り、実習してもらうという内容です。
これまで、学習班がイベントを想定してシナリオを書き、自作自演の模擬現場で実習してもらう、という形式が多かったのですが、今回はボランティアセンターの方々のご厚意で、本当の講座で模擬をさせていただけることになりました。

講座はボランティアセンター主催の「災害福祉救済ボランティア養成講座」。
「模擬現場をさせていただけないでしょうか」と会長よりお願いしたところ、快くこの講座での実施を提案していただきました。
実地の現場での模擬体験というのは、講座などを開催する団体様のご協力なくては為し得ないので、本当にありがたく貴重な機会です。


事前にメンバーに出欠を募ったところ、4人の方が参加できるということでしたので、1人ずつ経験豊富な先輩メンバーについてもらい、「現場デビュー」となる状況と近い形で実施しました。
IMG_0037.jpg
このような形で机を4台並べ、先輩-後輩のペア4組を2つの班に。

IMG_0033.jpg
機材のセッティングも、分担を決めて積極的にしてもらいました。

P1110862.jpg
講座の様子です。
3時間の講座のうち、後半45分ほどの講演部分を要約筆記させていただくことになっていました。
が、事前の打ち合わせで、冒頭の開講式及びオリエンテーションの時に、受講生さん達も見られる場所にスクリーンを設置し、要約筆記のデモまでさせていただけることになりました。
デモは大ベテランの会長-副会長コンビです。

模擬現場として講座に入らせていただくだけでもありがたいことですのに、さらにこのように要約筆記のことを紹介していただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


P1110878.jpg
模擬現場本番は、会場後方にセットしたスクリーンに映し出す形にしました。


P1110882.jpg
表示内容は、通常現場で出しているものの下に、普段は各入力者の画面にしか出ない「8人モニター」を表示させました。
全体検証を会長にお願いしたので、検証しやすい形での表示になりました。


今回模擬現場を体験したメンバーにとっては、とても緊張感を持って取り組めたと思います。

しかし、「当日入力して終わり」ではもったいないので、学習班で「振り返りシート」というものを作成し、実施後に感想を書いてもらうことにしました。
1週間を目途に提出してもらうことになっています。
みなさんから提出してもらったものを学習班でまとめ、さらに全体検証をお願いした会長のコメントも加えて、メンバー全員にフィードバックする予定です。
そうすることにより、新たな問題点や課題点が発掘され、それを共通認識として、今回参加したメンバーも参加できなかったメンバーも解決策を見いだしていけると考えています。

「家に帰り着くまでは遠足」と言うように、
「振り返りシートをまとめてメンバーみんなにフィードバックするまでは模擬現場!」
ということで、最後まで学習班でまとめていきたいと思います。

実施したメンバー、お疲れ様でした。
休日にも関わらず模擬現場の検証者として参加していただいた先輩メンバー、ありがとうございました。
そして、快く機会を提供していただいたY様を初めとするボランティアセンターの皆様、
また、それを受入れていただいた受講生の皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

  (学習班u)

PageTop

模擬現場

6月8日(土) 平成25年度 第1回模擬現場

宇都宮市社会福祉協議会ボランティアセンター様のご厚意により、実際の研修の場に模擬現場として入らせていただきました。

現場経験の浅いメンバーやまだ現場経験のないメンバーが、先輩とペアを組み、セッティング・入力・片付けまで行ないました。
実際に参加者のいる前で入力する緊張感を味わい、それぞれ自分に何が足りなかったか?
現場に向けてどのように練習をすれば良いか?等、各個人気づきがあったように思います。
是非、これからの練習や現場につなげていって欲しいなと思います。
A - コピー  B - コピー

このような貴重な場を与えてくださいました、ボランティアセンターのY様・皆さま、
本当にありがとうございました m(_ _)m

(模擬現場の詳細については、学習班からのアップをお待ちください♪)

PageTop

便利グッズ♪

P1110877.jpg

写真は、現場で使用している「プロジェクター台」です。
いろいろな会場でも高さ調整ができ、とても優れものです♪
初代のものは寿命が来てしまい、新しいプロジェクター台になりました。
この立派な三脚は、Jちゃんが寄付してくださいました。


DSC_0014.jpg

このかわいい、持ち運びが便利なスピーカーも、Jちゃんからいただきました。
音声を聞きながら入力練習をするので、とっても助かります(^^)
Jちゃん、いろいろありがとうございます。大切に使わせていただきます m(_ _)m

PageTop

学習会報告

学習班より5月30日(木)におこないました学習会についてご報告します。


副会長のTさんに「栃木県の要約筆記の歴史」と題して、お昼過ぎから約40分お話いただきました。

Tさんは、学生時代、まだ手書きだけだった時の要約筆記から活動されていたそうで、まさに要約筆記の「生き字引」のような存在です。

「講習会のおさらい」として養成講習会の時に説明を受けた内容から、さらに1歩踏み込んだ実地ベースまで踏み込んだお話をしていただきました。
P1110846.jpg

要約筆記という活動が、地元で必要とされていた方々に寄り添いながら歴史を重ねてきたこと。
また、私たちの「パソコン要約筆記 きぶな」というグループが、その延長上に創立されたことを、歴史の重をを感じながら実感できました。

学習会後、講義をおこなってくれたTさんから、パワーポイント資料をPDF化したものをいただきましたので、所属するメンバーのみなさんにメイリングで配布させてもらいました。

Tさん、資料作りから当日の講演まで、本当にありがとうございましたm(_ _)m




PageTop

学習会

5月30日(木) 【第1回 きぶな学習会】

午後から、学習班主催による学習会がおこなわれました。(以下写真)
今回のテーマは「栃木県のパソコン要約筆記の歴史」ということで、
きぶなの生き字引でもある、副会長のTさんが講義してくれました。
 (詳細につきましては、学習班のアップをお楽しみに♪)

学習会


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。