きぶなの一言ブログ

栃木県宇都宮市を中心に活動しているパソコン要約筆記きぶなからのお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

岩手県(釜石)から叔父夫婦が、数日仙南の実家に来ることになり、
私も実家に来ています。
叔父から釜石の津波の話を直に聞き、本当に大変だったのだと感じました。。

仙台空港は、まだあまり復旧が進んでいません。
DSCF1224.jpg       DSCF1222.jpg
2階建物部分も復旧しておらず、
1階の狭いスペースで受付・待合室・お店をやっていました。

海に近い地域は、大きながれきは撤去されていましたが、
まだ細かいものは、あちこちに残っていました。
また、ボランティアや工事関係の方々が、猛暑の炎天下の中、
汗だくになりながら、復興のために頑張ってくださっている姿を見かけました。
地元の人たちは、そのような皆さまに心から感謝しています。m(_ _)m

スポンサーサイト

PageTop

7月14日

『平成23年度 宇都宮市要約筆記奉仕員養成講座(基礎課程)』が5月12日から始まりました。
7月14日からは、「手書きコース」「パソコンコース」にわかれて選択科目が始まりました。
          2011071414270000.jpg
          ↑ (パソコンコースの様子)

栃木県では、まだパソコン要約筆記者が少ないため、
栃木県全域での情報保障活動をするのには大変な面があります。
パソコン要約筆記に興味をお持ちの方は、
来年度の講習会にご参加いただければと思います。

宇都宮市の要約筆記講習会(手書き・パソコン)へのお問い合わせは、
宇都宮市社会福祉協議会 ボランティアセンター様まで。↓
           http://park14.wakwak.com/~volunteer/index.html


PageTop

震災ボランティア フォーラム

梅雨明けした宇宮は、気温35℃前後の日が続いています
節電のため、今年の夏はまだクーラーを使わず、
扇風機フル稼働で頑張っていますが… やっぱり暑い

7月10日(日) 宇宮大学で開催された
「震災ボランティアフォーラム(栃木の力を東北へ)」に行ってきました。
栃木県の皆さんが宮城県の被災地に行き、ボランティア活動をされている
報告等を聞き、地元が宮城県の私にとって、とても有り難く感じました。

また、石巻市災害ボランティアセンターの方から、
「被災地の状況・必要なものが、時間の経過と共に変わってきている」
というお話し等々を伺い、「なるほど」と思うことがたくさんありました。

栃木県内の聴覚障がい者の方で、被災地でボランティア活動をされた方も
いらしゃるので、このような内容に関心をお持ちの方もいるかな?と思います。
このような内容に要約筆記があったり、遠隔情報保障が出来ればと、ふと思いました。
そういえば、最近「きぶな」で遠隔をやっていなかったような…
今後も遠隔情報保障をいろいろな場面で試していければと思います

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。