きぶなの一言ブログ

栃木県宇都宮市を中心に活動しているパソコン要約筆記きぶなからのお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東日本大震災(3)

海岸線を通り、よく行っていたのが亘理方面です。
慣れ親しんでいた街が変わり果てていて、ただただ呆然としました。

DSCF1183.jpg     DSCF1184.jpg

DSCF1187.jpg      DSCF1188.jpg

大変な状況にある方々が、1日も早く明るく前を向いて歩いていけるよう、
少しでもお手伝い出来ればと思います。
今、私に出来る事から、はじめて行きたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

東日本大震災(2)

先週末から、また実家に来ています。
前回はガソリンがなかったので、車では出かけられませんでした。
食糧や水を確保するのが精一杯で、
実家から徒歩圏内の状況しかわかりませんでしたが、
今回は、以前住んでいた場所やよく通っていた道に行ってみました。

DSCF1164.jpg      DSCF1158.jpg
  以前住んでいた家から、数百メートルの場所。

DSCF1159.jpg      DSCF1160.jpg
  よくバイクや車で走っていた、きれいな海岸線でした。

DSCF1167.jpg      DSCF1170[1]
  仙台空港へ続く道。(3週間経っても水が引いていません)

あまりに変わってしまった景色に、言葉が出ませんでした。

山のようながれきの撤去に、自衛隊の方々が誇りをかぶりながら、
一生懸命働かれている姿があちこちに見えました。
がれきの山は広範囲にわたるため、自衛隊の方々もかなりお疲れだと思いますが、
被災地区にとっては、本当に心強く有り難いことです。m(_ _)m

PageTop

東日本大震災

3月11日の東日本大震災におきまして、
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

きぶなのメンバーは、幸い全員怪我もなく無事です。
停電が復旧して、テレビをつけた時、
親戚がいる岩手県の釜石市や、宇都宮に来る前に住んでいた家の近くの
仙台空港が津波にのみこまれている映像を見て、信じられませんでした。

仙台の南にある実家も、津波にあった地域の近くだったため、
ガソリンと食糧を出来るだけ確保して、深夜に4号線で実家に行きました。
実家までは津波が来なかったため、避難所ではなく自宅にいましたが、
まだその時は、水道・ガスは来ていませんでした。
電気がついた時だったので、レンジで温めるだけで食べられるように、
宇都宮から「焼き餃子」を大量に持っていきました。

当時は、まだいつ開くかわからない実家近くのスーパーに、
朝7時には、150人以上が並んでいる状態だったので
パン類やドーナッツ・インスタントラーメンや魚肉ソーセージなど、
手軽に食べられるものも、喜ばれました。

今回の震災では、実家の近所の人たちや友達、
地元にいる兄の友達達などに、本当にお世話になりました。

また、きぶなの皆さんにも大変お世話になりました。
宇都宮に家族や親戚がいない私にとっては、
いろいろ親身になってくれる皆さんが、とっても有り難く、
感謝の気持ちでいっぱいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。