きぶなの一言ブログ

栃木県宇都宮市を中心に活動しているパソコン要約筆記きぶなからのお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近の練習会の様子

久しぶりになってしまいましたm(_ _)m

更新をしていない間も、練習会は続けています。
「千里の道も一歩から」
やはり入力やペアとの連係技術を高めるためには、コツコツとした練習の積み重ねだと実感しています。
きぶな入会当初は入力に自信がなくても、練習会に継続して参加するうちに要約筆記の現場に出られるまでになったメンバーが何人もいます。

DSC_0549 (360x640)

そんな中、少し前のことですが、先日の勉強会の際に気づいた点を会長より発表してもらいました。
DSC_0547 (360x640)

・なるべく、F9・11を使わない
これはすでに表示した文章を戻したり修正したりするキーです。
見ている文字が急に消えたり替わったりしたら、表示画面を見ている人はびっくりしたり違和感を感じることがあるかも知れません。
表示してから修正することのないよう、表示する前に自分で間違えがないか確かめる心の余裕が必要ですね。

・リアルタイムに表示
情報保障を行う際には、「話に追いつく」という同時性が求められます。
現場において、話のやりとりや応答が必要な場面では、特にそれが求められます。

・文章を長く持たない
これは、先の「リアルタイムに表示」と密接な関係があります。
各自が文章を長く持ってしまい、表示画面に文字を出せるまで時間がかかってしまうと、いつまでたっても文字が表示されず利用者を待たせることになります。
また、表示した際に、一気に何行にも渡って表示させることになってしまい、読みにくいものになってしまいます。
読み手の事を考えると、各自が文章を長く持たずに、短い間隔で一定のテンポで表示することがとても大切なのです。

・前ロールとリアル入力への切り替え
事前に原稿をもらえる場合は「前ロール」という機能を使って、予め打ち込んだ文章を表示させることができます。
ただ、事前の原稿と、実際に話す内容とが違う場合も多くあります。
その際、原稿と違う部分は、「リアル入力」と言って、聞いたことを直接入力することになります。
原稿を元に話している場面で、一部に変更部分があった場合。
予め作っておいた前ロールをいかに有効に使いながら、実際に話している内容を表示するかが、この「切り替え」にかかっています。
必要な部分を補いながら、適切な言葉をリアルで補うことがとても重要となります。

・速度が速い場合、適宜にまとめながら入力。
これは、「リアルタイムに表示」するために必要なことです。
話の速度が速い場合、リアルタイムに表示するために、言葉で不要な部分(「えー」とか「あの-」というようなつなぎの言葉・繰り返し・言い直しなど)を取ったり、いわゆる「要約」したりして、文章をまとめることで、話に追いつくようにすることです。

現場でも練習でもそうですが「一生懸命入力する」ことにとらわれすぎて、リアルタイムに表示することなど読み手を意識した表示まで気がまわらないことがあります。
一歩引いて見た意見は、とても参考になります。
これからも、みんなでよりよい情報保障を目指した意見交換をしながら、練習を続けていこうと思います。

スポンサーサイト

PageTop

ワンポイント手話

要約筆記は聞こえに不自由がある方々を対象にした活動のため、「手話」というものに触れる機会が多くあります。
私達は利用者の方との打合せの際や、手話に関わる現場で活動することもあり、「手話ができるといいなぁ」と思うことがたびたび。

メンバーからの要望もあり、今年度は手話の勉強を取り入れることにしました。
ただ、私たちは要約筆記者なので、あくまでも要約筆記の技術を向上させるのが使命です。
ですので、「要約筆記の練習を妨げない程度に」するにはどうすれば良いのか?と考えました。
結果、テレビで放送されている「ワンポイント手話」という5分間の番組を録画したものを見ることにしたのです。

DSC_0380.jpg
お昼休憩明けのタイミングにプロジェクター投射して学んでいます。
手話が出来ない人は、手を動かしたりして勉強。
手話がわかる人は、この番組の音声を要約筆記して指慣らしとして活用しています。
1年間続けたら、少しわかるようになるかな?(*^_^*)
「継続は力なり」でやっていきたいと思います。

PageTop

練習会の様子

週1回木曜日に練習している「昼きぶな」についてです。
市の総合福祉センターのお部屋をお借りして、練習をおこなっています。
午前は、10時~12時。
お昼休みをはさんで、13時から17時まで午後の練習です。
1日参加する人や午前のみ・午後のみなど、それぞれの都合に合わせて練習に参加しています。

GW中に5月1日はお休みしましたので、GW明けの8日は2週間ぶりに集まっての練習会となりました。

この日に話題となったのは、「方言の表示の仕方」です。
こちらの方言で「大丈夫?」という意味で「だいじ?」と使うことがあります。
この「だいじ」について、メンバーから「どのような表記方法が1番望ましいか?」という疑問が生まれ、みんなで意見交換しました。

「『大事』ってしちゃうと、”重大な事”の意味のほうになっちゃうよね」
「関西弁で”だめ”っていう意味の『あかん』って、どう表記するっけ?」
「『アカン』かな?」
「とすると、『だいじ』も『ダイジ』のほうが意味が伝わりやすい?」
「でも、人の名前とも受け取られる可能性もあることばだね」
「漢字がわからない人名はカタカナで表記する場合があるから、やっぱり平仮名が良いかな?」
などなど…。

意味が誤って伝わる可能性が少なくなるよう、表記方法についてはみんなで気を遣っています。

DSC_0371 (360x640)





PageTop

第3回学習会

実施から時間が経ってしまいましたが…
1月30日(木)に実施した学習会についてご報告します。

5月の第1回「栃木県の要約筆記の歴史」、
10月の第2回「いろいろな情報保障」。
これらに続き、第3回目の学習会になります。

今回は、事務局長のOさんにお願いし、「要約筆記者指導者養成研修受講のご報告」と題して、今年度Oさんが受講した要約筆記者指導者養成研修についてお話してもらいました。

P1120920 - コピー (640x480)

P1120921 - コピー (640x480)

要約筆記者指導者養成研修とは、地元で実施される要約筆記者養成講習会の講師の役目を担う指導者を養成する研修でOさんは東京で受講されました。
きぶなからは昨年度に会長・副会長の2人、今年度は事務局長がこの研修を受講しています。
他のメンバーにとっては経験のないことなので、興味深く聞いてもらえたのではと思っています。

Oさんには、研修会場の建物の外観や会場までの行き方、お昼ご飯はどうしたか?など、受講の様子のみならず、それに伴う細やかなエピソードなども話してもらいました。
「指導者講習など、まだまだ」と思われているメンバーも、「いつかは…」と目標を持ってもらえ、要約筆記者の更なる増加につながることを期待しています。

Oさん、ありがとうございました。

PageTop

練習会の様子

木曜日の日中に実施している練習会の「昼きぶな」。
ほぼ毎週、練習をおこなっているのですが、その報告が飛び飛びになってしまってすみません。
学習班より、最近の練習会の様子をお知らせします。

2013-10-31_練習
公益社団法人栃木県経済同友会様の第7回社会貢献活動支援助成でいただいた、このプロジェクターを活用して、練習に励んでいます!


2013-10-10_2画面表示
このプロジェクターは、「2画面表示」という機能があるので、1つのプロジェクターで2台のパソコンの画面を表示できたりします。(写真では、それぞれRGB接続とUSB接続しています)


練習風景 - コピー (640x480)
入力練習の様子です。
30分程度のテレビ番組を録画したものを再生して、ペアを組んで入力しています。
入力が終わると、入力している時に気づいたことや、「こういう表現にしてほうがいいのでは?」などなどのアドバイスを、メンバー同士行っています。


2013-11-07_机の様子
今月17日に行われる「河内町ふれあい祭り」に、PRのために展示及びデモをさせていただくことになったので、練習の合間を見て、その打ち合わせもしています(先週の様子です)
この展示及びデモについては、事務局から近々お知らせさせていただく予定です(^-^)♪



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。